原因不明の痛み・しびれ・ストレス症状専門の下町(東京・浅草)の整体院

むちうち

むちうち(頚椎捻挫)で悩むあなたへのアドバイス(その原因と治療方法)

交通事故と言えば、むちうち症(頚椎捻挫)と即、連想される程、非常に多い首周辺の障害です。

そして、病院では頚椎捻挫(むちうち)は、全治2週間などと診断されますが、2週間で治る人など、めったにおりません。

中には何年も頭重・めまい・倦怠感・首痛・肩こり・不眠・体温調節の異常・微熱・目が疲れやすい・気分が落ち込む・不安感・手足が冷たい・のぼせ・動悸など様々な不定愁訴に悩まされる方もいらっしゃいます。

そして、そういう方々は、いくら病院で検査しても”異常なし”か”原因不明”で、最後は精神病扱いにされてしまったりするので結局、病院を離れて様々な治療院めぐりとなってしまいます。

しかしまた、それらの各種治療法も殆んど不定愁訴の原因は掴めずに、各症状を追っかけた対症療法に終始しますから改善は、ままなりません。

そもそも”むちうち”とは首が前方に急激に振られた(過屈曲)り、後方に急激に振られた(過伸展)りを繰り返されて、首から背中と首から胸にかけての筋肉が急に引っ張られて硬直してしまった状況の結果から来る症状です。

つまり、首周辺には自律神経や大後頭神経が走っておりますから、むちうちから来る首周辺の硬くなった筋肉が、それらの神経を圧迫しているポイントの筋肉を全て解してやれば良いのですが、これが実に至難な技なのです。

なぜなら、単に首や背中周辺の筋肉を低周波治療器やマッサージで柔らかくする様なアバウトな施術では駄目で、ピンポイントで神経圧迫箇所を捉えて手技で解さねば効果的では無いからです。

それには、神経の流れの異常を正確にキャッチする方策が不可欠になりますが、残念ながら神経の異常を検出する検査機器は、未だに存在しないからです。

しかし、当院は院長の開発した特殊触診法(OTP)によって神経の流れの異常を適確に捉えて、筋肉の神経圧迫箇所をピンポイントで検出して解除出来ますので、”むちうち症”の急速な改善が実現可能となっているのです。

 

ご来院者様の声No.26を ご参照ください。こちら

ご予約はお電話で【完全予約制】 TEL 03-3871-1026 東京都台東区清川1-30-7
受付時間(平日)10:00から19:00
      (土曜)10:00から15:00
(定休日)日曜日・祝日

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP