原因不明の痛み・しびれ・ストレス症状専門の下町(東京・浅草)の整体院

パニック障害

パニック障害で悩むあなたへのアドバイス(その原因と治療方法)

パニック障害の症状は不安感に襲われたり、動悸、胸部の圧迫感、のぼせ、手足が冷たくなりイライラ落ち着かない、頭が重いなどの症状に急におそわれ、その恐怖から一人で電車に乗ったり部屋にいられなくなったりします。
また、うつ病とパニック障害を併発する方もおりますので、その原因はストレスと見られ、パニック障害の治療は精神症状として心療内科や精神科で対処療法の服薬やカウンセリングが主要な治療法となりますが、改善に多くの時間がかかるのが現実のようです。
しかしパニック障害の治療法として当院では、過度のストレス蓄積によって自律神経が変調して発症するパニック障害の場合は、ストレス測定&ストレス解放を始めとするジェネティクス療法の治療でよりスピーディな改善を目指しております。(当院HP施術内容⑤ジェネティクス療法をご参照ください。)
それは、ストレスを単に“気分転換レベル”では無くストレスの蓄積した脳の部位(視床下部を含む脳幹部分)にダイレクトに作用してストレスの速やかなる解放を目指す療法である故に、回復時間短縮の可能性が高まるはずだからです。
また、パニック障害は上述のようなストレスが原因のケースだけではないと思われます。
つまり、不安感、動悸、息苦しさ、落ち着かないなどの症状は、上部頚椎(頚椎1番、2番)のズレ(変位)によっても発症する場合があります。
そして、パニック障害の原因が上部頚椎の変位である場合は、正確な骨格調整によって治療後即結果が出る事さえ有り得るのです。
さらにパニック障害の原因がストレスや上部頚椎の変位以外にも首の脇を通る自律神経(迷走神経)の圧迫による自律神経の乱れから来るケースを私は発見しております。そしてパニック障害の発症原因としては、このケースが最も多いと私の治療経験では感じております。パニック障害の原因が上記のいずれであっても、当院ではそれぞれに対応した治療によりスピーディーに結果が出ております。

 

ご来院者様の声No.9を ご参照ください。こちら

ご予約はお電話で【完全予約制】 TEL 03-3871-1026 東京都台東区清川1-30-7
受付時間(平日)10:00から19:00
      (土曜)10:00から15:00
(定休日)日曜日・祝日

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP