原因不明の痛み・しびれ・ストレス症状専門の下町(東京・浅草)の整体院

坐骨神経痛

坐骨神経痛で悩むあなたへのアドバイス(その原因と治療方法)

坐骨神経は脊髄から出て骨盤内を経て太腿の裏側からふくらはぎを通り足の甲まで至る人体最長、最大の末梢神経です。
従って、坐骨神経痛の症状は臀部(尻)から太腿(ふともも)の裏側、膝の裏側、ふくらはぎから足の甲まで痛みやしびれが出現し、重症者程より下部の方に痛みが放散します。
そして、その原因は、通常腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経圧迫と一般的に言われ、また、カイロプラクティックでは臀部の筋肉(梨状筋)の緊張も関与するケースもあるとされております。
そこで、坐骨神経痛の治療法は、腰椎間板ヘルニアが原因ならば、通常は牽引や痛い部位のマッサージとなるのですが、それらの治療を長期間継続しても改善されない方も多いようです。
しかし、当院では椎間板ヘルニアは、ヘルニア部位の腰椎のズレ(特にL5)の正確な骨格調整により殆んど良い結果を得ておりますが、それは腰椎のズレが原因で椎間板が圧力を受けて押し出されてヘルニアとなるからなのです。
従って、腰の椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛の治療法は、まず腰椎の骨格矯正を試みるのが先決と思います。
また、臀部の梨状筋による坐骨神経圧迫が坐骨神経痛の原因の場合は、骨盤の骨格調整により歪みを矯正すれば梨状筋問題は解消されていくはずです。
さらに、上記のように腰椎や骨盤を正確に矯正してもなお神経痛の症状が改善されないケースもあります。そしてこれは、坐骨神経が上部で椎間板ヘルニアや梨形状筋で圧迫されているのではなく、下部の足の骨のズレによって神経が圧迫されているのが神経痛の原因のケースだと思われます。
従って、このケースの治療方法は当然、足の骨の矯正が主体となります。 そして、当院の坐骨神経痛症状の患者様の実に三分の一近くがこのケースで長年の苦痛からの解放が見られております。

 

ご来院者様の声No.16を ご参照ください。こちら

ご予約はお電話で【完全予約制】 TEL 03-3871-1026 東京都台東区清川1-30-7
受付時間(平日)10:00から19:00
      (土曜)10:00から15:00
(定休日)日曜日・祝日

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP