原因不明の痛み・しびれ・ストレス症状専門の下町(東京・浅草)の整体院

膝痛

膝痛に悩むあなたへのアドバイス(その原因と治療方法)

膝の痛みで当院に来院される患者様で、病院で”変形性膝関節症”と診断された方が最も多いです。
50才上の方なら、まず殆んどこの診断名です。

つまり、膝の軟骨が加齢によってすり減った老化現象で”治りません”との判断です。
対処法としてヒアルロン注射などを打ちますが殆んど改善されません。

また、”膝に水が溜って”痛い方は、逆に注射器で水を抜かれたりしますが、これまた直ぐに水が溜って膝が腫れて再発を繰り返します。

このような整形外科での治療は、その症状を一時的に緩和する対症療法となりますので、膝痛の根本原因にアプローチしておりません。

だから、いくら通院を重ねても膝痛が改善出来ない人が多いのは、当然です。

しかし、膝痛の患者様を良く調べますと、痛む動作や痛む膝の場所が異なります。
つまり、一口に膝痛と言っても、色々な原因があって、膝以外の箇所が原因で膝が痛む場合も多いものです。

ですから、膝痛を改善するには、その根本原因を見い出して取り除く事が不可欠となります。

そして、膝痛の患者様を精査しますと膝以外を含めて様々な原因が検出されます。

例えば、前述の軟骨のすり減り(変形性膝関節症)も、実は大部分が他の原因であったり、また膝に水が溜まる原因が半月板のズレであったりと、それぞれの膝痛には、それなりの根本原因が存在するのです。

従って、対症療法で改善されない膝痛も、根本原因を究明した根本療法で施術すれば容易に根治できるのです。

膝痛に悩む皆様にお伝えしたいのは、膝の軟骨が薄くなった原因の膝痛は、極まれである事と、膝の腫れ(水)は、半月版のズレを治せば直ぐに腫れは引いてしまうと言うことです。

だから、病院の診断や治療法は、私にして見れば疑問だらけです。
なぜ、これ程簡単に改善してしまう膝痛を、あれ程病院に通わせても治せないのか?

やはり対症療法と映像(レントゲン)に頼りすぎて、医師の触診力の欠如なのでしょう。

 

ご来院者様の声No.7を ご参照ください。こちら

ご予約はお電話で【完全予約制】 TEL 03-3871-1026 東京都台東区清川1-30-7
受付時間(平日)10:00から19:00
      (土曜)10:00から15:00
(定休日)日曜日・祝日

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP